転職して充実ライフを送ろう|幸せJOBサーチ

実は誰でも応募可能

日本の芸能の中でも古いものといえば舞妓などの芸があるでしょう。舞妓は主に京都地方で発展した女性が主な仕事として存在しています。舞妓が行なうことは様々ですが、基本的には食事の際などでお客さんをもてなすために舞を踊ったり、また三味線などを弾いたりします。舞妓になるためには專門の芸の道を進む必要があるわけですが、その道へ進む方法は決して難しい訳ではありません。というのも舞妓は随時応募されていて、京都の茶屋などでは舞妓募集求人などが存在しています。舞妓募集の際の応募条件は特別難しいのもではなく、そもそも舞妓に興味のある方、同様に伝統芸能に興味のある方、またお客さんと接するのが好きな方などが代表的な条件があります。それ以外の条件としては年齢があり、15歳から18歳までと決まっています。年齢制限さえクリアしていれば、後は舞妓に興味がある方なら誰でも応募をすることが出来ます。
舞妓募集に応募すると、まずは面接という過程を踏む必要があります。通常のアルバイトと同様に面接を行なうわけですが、勿論伝統芸能なため誰でも働くことが出来るという訳ではありません。それ相応のセンスなどが見られる場合にのみ面接をクリアすることができ、舞妓になるための第一関門と言えるでしょう。無事面接をクリアすると仕込みという過程を踏むことになります。仕込みは一人前の舞妓になる前の基本的な技術や知識を学ぶ時で、約1年の仕込みが行われます。無事仕込みの過程が終われば見習いという過程を踏み、先輩の舞妓さんに付き添いながら実際に働く上での様々な事を学んでいきます。見習いは約1ヶ月で、きちんと見習いが完了すると一人前の舞妓さんとして認められます。舞妓募集に応募してから最短で一年と一ヶ月が必要で、伝統芸能を知らないという方でもこの期間でしっかり一人前になることができます。